Amazonセラーセントラルのアカウントを停止や削除(閉鎖)される前に

2016.01.29

野中です。


野中がサポートメンバーで携わっている
BUPPAN!!コミュニティのFaceBookや掲示板が
非常に賑わっています。


こういった掲示板で
必ずと言って良いほど出てくる相談の一つに、

「Amazonセラーセントラルの
アカウントが削除されました・・・」

と言うのがあります。



アカウントが削除されるなんてことになれば、
まさに死活問題。


残念ながら、いざ削除されてしまうと
もう挽回は不可能なので、
打てる手は非常に限られてきます。



そこで、

「今回はAmazonのアカウントを
停止や削除をくらう前に、
どのようにしておけば良いのか」

についてお伝えしていきます。



Amazonのアカウントトラブルは、
対岸の火事のように、他人ごとだと思っていると
痛い目を見ることになると僕は常日頃感じています。


後から解説しますが、
自分には全く非がなかったとしても、
アカウントが潰されることもあるからです。

Amazonセラーセントラルのアカウントの「停止」と「削除」の違い

 

まず始めに、
Amazonは問題のあるアカウントに対して、
どのような処置をしてくるのかをお伝えしましょう。


アカウントスペシャリストと言う部署が
Amazonセラーのアカウントに問題があることを知ると、
該当アカウントは次のどちらかの処置をされます。


「停止」か「削除」か、と。


サッカーで言うところの
イエローカードとレッドカードのようなものだと思ってください。


「停止」は「警告」、


「削除」は「退場」


と言うことです。



何をしたらカードをもらうかを、
すごいざっくりとまとめると、


「Amazonの規約やポリシーに違反したと見なされたら」


と言うことになります。



いくらでも事例としてはありそうですが、
例えば、

・同じ商品を同じコンディションなのに、別SKUで出品していたとき

・知的財産権を破った場合

・閉鎖されたアカウントと同じIPアドレスを使った場合

・評価や数字が悪くなった場合

・海賊版を販売した場合

・お痛をしたアカウントと同じIPアドレスを使っている場合


なんかは、アカウントが削除される
良く聞くパターンですね。

Amazonのポリシーや規約に違反していなければ大丈夫なのか

 

で、こう書くと

「私はポリシーや規約には違反していないから一安心。」

と思ったかもしれません。


大事なことなので繰り返しますが、
どのようになると「停止」や「削除」の対象になるかと言うと、
先ほどお伝えしたとおり、


「Amazonの規約やポリシーに違反したと見なされたら」


と言うことになります。



ここでしっかりと目を見開いて、
認識して頂きたいポイントが、


「違反したら」


ではなく、


「違反したと見なされたら」


と言う点です。




100%クリーンにアカウントを運用していたとしても、
Amazonのアカウントスペシャリストが問題がある出品者と
「見なしたら」関係ありません。



特に「削除」の場合は、
申し開きの場を与えられることなく一発退場。



さらに自分に非がある場合ならまだしも、
そうでない場合も起こりえます。



例えば、
ライバルがあなたのアカウントを
潰しにきた場合。



新品コンディションで出品していて、
商品そのものも紛れもなくれっきとした新品商品。


それなのにも関わらず、
「明らかに中古品だった」とAmazon本体に
クレームを連続で出され続けると、


アカウントスペシャリストが、
あなたのことを不良出品者と「見なす」と言うことです。




その気になれば他者の手で潰されてしまう。


アカウントと言うものは
それくらい脆くはかないものです。


(この手法は悪意があると判断されると、
Amazonのブラックリストにのって、
2度とセラーアカウントも作れなくなります。

悪用しないことをおすすめします。)

「手数料」よりも「安心して買物ができる場」をAmazonは重視する



野中も昔はそれ相応の手数料をAmazonに
払い続けているのだから、大丈夫だと思っていました。


Amazonから見ると「優良なお客さん」だからです。



実際の所、
出品者がAmazonに落としている手数料額は、
相当な額にのぼると思います。


月商200万円のセラーで、
FBAユーザーであれば
40~50万円もの手数料。


月商500万円のセラーであれば、
100万円を越えるはず。



Amazonから見てみれば、
僕らが大好きな言葉である(笑)
「権利収入」であり「不労所得」が入り続けているわけです。




軽々しくアカウントを潰してしまうと
Amazonにとっても損失になると思っていたのですが、


どうやら最近の事例を観察していると、
落としている手数料額のいかんに関わらず、
削除されるときは容赦なく削除されています。



ここからわかるのは、
Amazonは目先のお金よりも
「お客さんが安心して買物できる場の構築」に
力を入れていると言って良いと思います。



今でこそ黒字を維持していますが、
Amazonは立ち上げてからの8年間は
毎年100億円以上の赤字を計上し続けていました。


ジェフ・ベゾス(AmazonのCEO)は、
投資家から尋常では無く叩かれ続けたはず。


しかし、それでも彼は自分の選んだ道を突き進んだわけです。



「目先の利益にとらわれずに顧客を徹底的に大事にする」

と言うのが、
Amazonの凄さであり、
成長の秘訣だとは思います。


ただ、販売しているセラーの立場に立つと話は別。


顧客を重視すると言うことは、
裏を返せば売り手には厳しくなると言うこと。


その流れアカウントに対して「停止」や「削除」を
行っているのではないかと思うのです。



いずれにせよ、
Amazonのアカウントで商売をすると言うことは、
Amazonの土俵で相撲を取ると言うこと。


理不尽極まりない話ですが、
自分に非がなくてもアカウントを
削除されるリスクをも念頭におかねばなりません。

セラーセントラルのアカウントが「停止」「削除」(閉鎖)されたらどうなるのか

 

実際にAmazonセラーアカウントを
「停止」や「削除」を食らったら、
どうなるのか。


僕は実際にそうなったことは一度もないのですが、
体験談として聞いた話や読んだ情報をまとめると、
大体次のようになるようです。



「停止」されると、
最大19日間もの間、
アカウントが使えなくなります。


セラーセントラルにログインはできますが、
販売はできません。


ペイメントに溜まっている入金額も差し止めされます。
振込は当然されません。




アカウントスペシャリストから
「停止」になった旨のメールと共に、
下記の内容を記載した上で申し開きができるようです。


・今回発生させた規約違反の内容

・今回発生させた規約違反の原因

・同じ違反を起こさないための具体的な改善策

・改善策を実施した場合の効果

・改善策の実施期日

・改善策の効果が見込まれる時期

・改善策実施責任者氏名



ここで送ったメール内容が良ければ、
アカウントも数日で復活するとのこと。


「停止」はあくまで「警告」のニュアンスが強いので、
送られてきたメールに対して、


しっかりとした内容を書いて返信すれば、
復活できることが多いようです。



ただし、何度も「停止」を食らうと累積されていって、
ゆくゆくは「削除」されるようです。


アカウントに詳しい友人は、
4回くらったらアウトと言っていました。




で、次に「削除」された場合。


文字通り「削除」されて
アカウントが使えなくなるので、
「閉鎖」なんて言われたりします。


こうなったら、
基本的にはもう手のうちようがありません。


僕が知っている範囲では、
ここから逆転して復活した人はいません。


販売している商品も全て取り消されますし、
ペイメントに溜まっている入金額も90日間止められます。

(購入者の返金依頼に応えるためらしいです)


ただし、
セラーセントラルにログインすることはできるようです。


と言っても、FBA在庫の返送処理はご自分でかけてくださいね、
と言う意図でそうしているだけだとは思いますが。

(保管手数料は、その間もかかり続けます。)

Amazonセラーセントラルのアカウントを「停止」や「削除」(閉鎖)を食らう前に準備をしておく


どんなに繊細な注意を払って、
鉄壁にアカウントを守ろうとしても、
限界があることはお伝えしたとおり。


で、忘れてしまっていたかもしれませんが、
この文章は、

「Amazonのアカウントを
停止や削除をくらう前に、
どのようにしておけば良いのか」

について書いています。


その答えをお伝えするとこれはもう、

「いざとなればアカウントの削除を
食らうつもりで準備しておく」


と言うのが、正解だと僕は思っています。




先に述べた他人からの攻撃など
不確定要素によりアカウントは危機にさらされると言うのもありますし、


大きく稼いでいる人は、
アカウントを「削除」経験がある人が多い、


そして何よりAmazonアカウントは
せどりをする上では生命線になりうるので、


いつか来るかもしれないその日のために、
「削除」されることを頭の片隅に入れておいて、
「準備」をしておいた方がいいと思います。

(「停止」はその時の対処で、
間に合うので特に準備はいりません。)



で、「準備」には大きくわけて3つあると思っています。


〇1つ目、資金の準備

〇2つ目、オペレーションの準備

〇3つ目、心の準備

順番に見ていきましょう。




〇1つ目、資金の準備


「削除」されたときに特にやっかいになるのが、
資金の流れが完全にストップしてしまうことです。



僕も含めて多くのせどらーは支払いのときに
クレジットカードを使っていると思います。


在庫がある程度は売れることを見越して、
クレジットカードを使っているわけですから、


販売を止められて、
さらにペイメントからの入金が90日間止まるのは、
死活問題になりうるわけです。



そのための「準備」としては、

・潤沢なキャッシュを持っていたり、

・日頃から銀行との付き合いをしておいて、
急な借入を受けてもらう

ことが理想ではあります。



ただ、現実的には、両案とも簡単に実現はできないと思います。



では、どうしたら良いかと言うと、
これは正解は一つでは無くて、


「いざとなったときに多額の現金を
一時的にで良いので、作れるようにしておく」


このことを満たせるのであれば、
極端な話どんな「準備」であっても良いわけです。



加入している生命保険会社から借入できるように、
借入方法や借りれる額を調べておく、

なんてのも「あり」です。



野中は、他人両親や親族に
どういうビジネスをしているのか、
どういうメリットやリスクがあるのかを
機会があるごとに伝えるようにしています。


急遽お金が必要になったときに、
助けて貰いやすくなるように今のうちから
布石を打ってあります。


その方がお金を借りられる可能性が高まりますし。



資金を一時的にでも資金を融通が利かせられる手段を
探しておいて備えておくと言うのが、
3つある準備のうちの1つ目が「資金の準備」。




〇2つ目、オペレーションの準備


アカウントが削除されたら、
大量の在庫をどう処理していくのか、
と言うのが問題になってきます。


資金の流れを停留させないためも、
また今まで積み重ねてきた売れる商品を


破棄するのは単純にもったいないので、
在庫を売りさばかなくてはなりません。



Amazonで別人名義で新アカウントを作成するのも手ですが、
在庫内容が同じだと、前のアカウントと同一の出品者と見なされて、


即座にアカウント削除されることもありうると言う説もあるので、
念には念を入れて、僕だったらヤフオク!を使います。



振込までの早さと売れやすさが
他の媒体に比べて圧倒的に優れているからです。




ただ、ヤフオクは写真撮影や梱包発送の手間や、
それに耐えられるだけの広さや人手が必要になってきます。



全在庫を返送処理をかけたとして、

・どれくらいの広さが必要か

・どれくらいの人手が必要か

・これらはアカウント削除をくらって、
何日後にどんな用意をしなくてはならないのか


をあらかじめ書き出しておく。



また、外注さんがいる場合や仕入れスタッフがいる場合は、
アカウントは常にリスクにさらされていることや、


いざと言うときには、
ヤフオク!での処理に総動員して
協力して欲しいこともしっかりと伝えます。



つまり、
「返送された大量の在庫をしっかりと処理できる体制を整えておく」
と言うのが、


3つある準備のうちの2つ目が
「オペレーションの準備」。




〇3つ目、心の準備


アカウントが削除される。


せどりをしてお金を稼ぐ上で、
最上級クラスに最悪な事件のうちの
一つには入るのではないでしょうか。



僕だったら相当ショックを受けるでしょうし、
結構凹むと思います。


Amazonのセラーアプリで「削除」の通知が来たことのある
友人は、スマホをふと見たら非情な通知が来ていて、
「心臓の鼓動が一瞬止まった」と言っていました。



僕らせどらーにしてみれば、
アカウントが削除されると言うことは、
急なリストラ通告を受けるようなものかもしれません。



資金やオペレーションを
いざまわそうとすると、
あらかじめ頭の中でシミュレーションすればわかりますが、
かなりの手間や労力がかります。


かなり骨は折れることになりますが、
そうも言ってられないので、
それを覚悟して、
気持ちの準備もしておきましょう。


うかうかしていると止まっている在庫のせいで、
資金がまわらずに大変なことになりかねません。


迅速に対応、行動できるように、
そのつもりでいるのが、
3つある準備のうちの3つ目である「心の準備」。

Amazonセラーセントラルのアカウントを「停止」や「削除」される前に まとめ


文章としてはそれなりのボリュームになってきましたが、
僕がこの中で言いたいことは結構シンプルで、


「Amazonアカウントは、
いつ削除されてもおかしくない」

と言うことをしっかりと踏まえて、
しっかりと「準備」をあらかじめしておくこと。



その準備には3つあって、

〇1つ目、資金の準備

〇2つ目、オペレーションの準備

〇3つ目、心の準備

を日頃からしておくことがおすすめ
と言うことです。



まあ確かに起きるかどうかわからないことに
頭を悩ませるのは、
進んでしたいことではないと思います。


それでも・・・

めちゃくちゃ重要なことには、
めちゃくちゃ重要ことだと認識して、
めちゃくちゃ重要なこととして扱う。



その方が致命的な間違いになる確率は
ググッと減りますし、
結果的に長く稼ぎ続けられると思います。



今回は以上です。


それではまた!




追伸

Amazonの新セラーセントラルアカウントを作る場合は、
どうしたら良いのかと言うと、
諸説ありますが、

・名前
・住所
・クレジットカード
・IPアドレス(ネット回線の固有番号)
・cookie(パソコンに残る履歴)

を変えておけば大丈夫のようです。



と言うことは、

・他人の名義や住所やクレジットカードを借りて、

・パソコンを変えて、

・ネット回線を変える

まですると、
削除された新アカウントと紐付けはされないでしょうね。




追伸2

1月30日(土)に池袋に
ヤマダのアウトレットがオープンします。

http://www.yamada-denki.jp/topics/download.t.pdf/1020


行けるのであれば行くことをおすすめします。


その理由は、

・「オープンセール」は美味しい確率がめちゃくちゃ高い

・ヤマダアウトレットは、これまた美味しくて、
仕入れ担当に東京から郡山にわざわざ行かせてたくらい
お得な品が置いてある

から。


ヤマダアウトレットは、

「新品」「展示品」

の両方が狙えます。


ほとんどの品が展示品ですが、
店員に聞くと新品がある場合があります。


展示品を狙う場合は、

・高回転で、

・ほぼ新品コンディションで出品できるくらい綺麗で、

・さらにライバルが少ない商品

を狙うと良いと思います。


これらを満たすものは、
新品価格の9割の価格で売れます。


ライバルや中国人がわんさかいると思いますが、
それでも美味しい思いができる確率が高いので、
是非行ってみてください~!


ちなみに、僕は先約があるので行けませんが、
行ける方は頑張って良い品を仕入れましょう。




追伸3

BUPPAN!!の大決起会に行ってきました。


集まっている方々のレベルがヤバイくらいに高くて、
ビックリしました。


かと言って、
初心者に疎外感を与えていた内容だったかと言うと、
全くそんなことはなくて、


むしろ希望を与えていたと思います。


物販歴は半年から1年前に始めた人が多かったので、
身近でちょうど良い目標になりうると思いますし。



レベルの高い環境に囲まれた参加者が起こす化学反応。


どう起こっていくのか、今から楽しみです。



野中の紹介で入った方は、
しっかりとサポートしますので、
特典はしっかり使ってくださいね。


メールとかSkypeできちんとフォローして、
稼げるようにしますので。



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

6 Responses to “Amazonセラーセントラルのアカウントを停止や削除(閉鎖)される前に”

  1. ふう より:

    自分もアカウント削除はリストラだと考えているので、どれだけ準備しても心が折れそうですね。

    話は変わって、多治見FCでの大型商品が受付終了になりますね。変更先を迷っているのですが、野中さんはどうされますか?
    同じ悩みを持つ方は大勢いらっしゃると思うので、できれば記事にしていただけると助かります。
    自分は関西住みなので、鳥栖FCにしたいところなのですが、関東圏から遠いことが売上にどれだけ影響あるのか心配です。

    • 野中貴智 より:

      ふうさま、

      こんにちは。野中です。

      コメントありがとうございます。


      仰るとおりアカウントの準備は、
      考え始めるとキリがないことなので、


      泥沼に入るくらいなら、
      深追いしすぎない方が良いかもしれません。


      ただ、やはり全く準備しないのとそうでないのは、
      いざと言うときに雲泥の差が生まれてくるので、
      ある程度備えておいた方が良いかとは思います。


      >話は変わって、多治見FCでの大型商品が受付終了になりますね。変更先を迷っているのですが、野中さんはどうされますか?
      >同じ悩みを持つ方は大勢いらっしゃると思うので、できれば記事にしていただけると助かります。

      ご意見頂いて、ありがとうございます。

      僕自身は実は小田原に切り替え済みです。


      確かに鳥栖FCであれば小型と大型両方納品が利きます。

      ふうさまが求められていることは、
      鳥栖FCにしたときに、
      どれくらいカート取得率に影響が及ぼされるのか、
      ですよね。


      ちょっとこの点については「ある程度影響はある」とは言えるとは
      思いますが、「どこまでどういうふうに影響があるのか」については、
      正直僕の方でも掴めていません。


      ただ言えることは、
      最近になってAmazonのカート取得のアルゴリズムが
      強く動いているようです。

      https://sellercentral-japan.amazon.com/forums/thread.jspa?threadID=5197&ref_=_sf_5197_wsfqs_home&sortBy=helpful


      ちょっと僕の実感での話になりますが、
      よりFCに近い住所の方がカート取得率が
      明らかに上がったような気がします。

      今はまだアルゴリズムが変動して落ち着いていない時期なので、
      大きな問題がないようでしたら、静観するのもありだと思います。

      良かったら参考までに!

  2. あきら より:

    アカウント停止は怖いですね。新品と中古を一緒に販売しているので少し不安です。質問なんですが、以前販売していたAmazon出品納品丸投げプロジェクトって現在も販売していますか?外注化を検討しているので購入したいのですが?問い合わせにアクセスできなかったので。返信お待ちしています。

    • 野中貴智 より:

      あきらさま

      コメントありがとうございます。

      Amazonのアカウントは、新品と中古を一緒に販売していても
      特に問題はないかと思います。
      (ただし、同じコンディションで同じ商品を出品していると問題ありです)

      外注化のフォームですが、
      今現在サーバーが一時停止になっているようです。

      ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。


      一度問い合わせフォームからご連絡頂ければ、
      振込先等をご案内いたします。

      お手数お掛けしますがよろしくお願いします。

  3. 広大 より:

    野中 様

    いつも大変参考になる記事ばかりでとても助かっております。

    アカウント閉鎖後、再開できたとしても確定申告後税務署経由で同一人物であるとバレる可能性はあるでしょうか?

    • 野中貴智 より:

      広大さま

      コメントありがとうございます。

      アカウントを閉鎖された後に、
      別名義のアカウントを開設した後の話ですよね。

      僕は経験したこともありませし、
      そう言った経験をされた方もまわりにはいませんが、
      ほぼ99%大丈夫だと思っています。

      閉鎖されたアカウントがA、
      新しく作ったアカウントがB、
      とした場合・・・

      同一の個人事業主や法人で
      今まではAの売上で申告していたけれども、
      Bのアカウントで申告する、
      このことがバレないかと言うことですよね。

      まあ確かにAmazonが税務署のデータにアクセスすれば、
      このことはわかってしまいます。

      ただし、

       ・Amazonからしても、税務署のデータにアクセスして
        照合することは非常に手間がかかる点

       ・またそもそも税務署のデータにアクセスすることを
        一企業であるAmazonができるとは思えない点

      これらを顧みれば、99%ないと言うのが僕が
      思う理由になります。

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ