【第2回】せどりでのクレジットカード払いの大きすぎるメリット3つ デメリットや現金主義との比較も

2015.04.04

第1回目のクレジットカード戦略大全である前回の講義では、

せどりで独立して稼ぎ続けるためには、クレジットカードを
いかにうまく使うのかが「大きな鍵」になること。

クレジットカード戦略大全の講座を
あなたが学ぶべき理由は、
次の3つであるとお伝えさせて頂きました。

理由1 ”生命線”である資金繰りを楽にしてくれるから
理由2 クレジットカードについては、中長期スパンで考えないといけないから
理由3 クレジットカードを使うことでメリットしかないから


2回目の今回の講義では、
仕入れをクレジットカードで払うことで、
受けられるメリットを解説しますです。

数を細かく数え出すと、
それこそ数え切れないくらいのメリットがあると思います。


しかし、せどりで独立するために、 
絶対におさえておきたいメリットは全部で3つです。

”大きすぎる3大メリット”と僕は呼んでいますが、
まずは、ここをしっかりと理解しましょう。

では、行きます。

クレジットカード払いの大きすぎるメリット3つ


クレジットカード払いのメリット1 仕入れ資金量を圧倒的に早いスピードで、増やすことができる

 
せどりで稼ぎ続ける難易度は、持っている資金量で変わります。

頭の中で、比べてみてください。

10万円しか持っていない人と、方や1000万円持っている人。

それぞれがせどりで持っている資金を元手に、
25万円をつくりだそうするとします。

どちらが簡単で、どちらが難しいのか。

こちらで答えを用意するまでもなく、
結果は
想像がつくと思います。


小売店で仕入れをする性質上、せどりの場合、
クレジットカード枠(利用限度額、上限額)も資金量に充当することができます。



せどらーにとっては、

資金量=手持ちの現金

ではなく、

資金量=現金+クレジットカード枠

という特権を受けることができます。



このことがどれくらいすごいことなのか。

ラーメン屋を開業しようとする人を例を出して
せどりと比較してみましょう。


まず、ラーメン屋を開こうと思ったら、
お店を構えなくてはなりません。

ラーメン屋志望の多くの店主は、ここでもう躓いてしまいます。

なぜなら、資金が足りないからです。

テナント契約を結ぶためには、保証金や、敷金、礼金などを初期費用として、
毎月の賃料の5~10倍もの金額を納めなくていけません。

※保証金が賃料の3ヶ月~6ヶ月分かかることが多いため、
※かなりの高額になります。


支払いは、現金一括のみ。

クレジットカード枠がウン百万円分あるからと言って、
その金額を充当することはできません。


食材等はクレジットカードで支払い可能な業者もあるようですが、
それでも、テナント代のような大きなお金は現金でしか払えません。

つまり、ラーメン屋にとっては、

資金量=手持ちの現金

になります。



それに比べると、せどりでは、

資金量=現金+クレジットカード枠


なのは、先ほどお伝えした通りです。


極論を言ってしまえば、手持ちの現金がまったくなくても、
クレジットカード枠さえあれば、
ビジネスとしてまわしていくことができます。


現実的に1ヶ月以内に仕入れ資金を100万円用意するためには、

・兄弟親戚に頭を下げる

・融資を受ける

くらいしか道は残されていません。

いずれを選んでもビジネスにたいする「覚悟」が問われます。
それゆえの「ハードルの高さ」も感じざるを得ません。


しかし、
クレジットカード枠で100万円用意することは、
これらに比べて、難易度は下がります。

することと言えば、
ウェブで申し込みフォームに入力をするだけ。

たったそれだけで、1ヶ月以内に多くのカードは発行されますし、
自分が持っている現金以上の金額(しかもうまくいけば数百万円単位)
を使ってビジネスをすることができます。



「仕入れ資金量を圧倒的に早いスピードで、増やすことができる 」

クレジットカード払いで受けられる大きすぎる3大メリットの
1つ目になります。

クレジットカード払いのメリット2 資金繰りがとにかく楽になる

「入金は早く、出金は遅く。」

ビジネスで資金切らさないための
一つの大原則と言って良いと思います。


支払日を遅らせられる恩恵は計り知れません。

クレジットカード払いで仕入れをすることで、
支払いを先伸ばしすることができます。


何も意識をせずに、ただクレジットカードで支払いをしても、
その恩恵を少なからず受けられます。

ただ、より大きな恩恵を受けるためには、

・締め日のなるべく遠いクレジットカードから使う

   ・手数料のかからない2回払いを多用する

を徹底することで、支払日をより後ろへすることができます。


では、どれくらい支払いを遅らせることができるのかと言うと、
ざっくりとした答えになりますが、これらを駆使することで、
だいたい2ヶ月後の支払いにすることができます。



このことがどれくらいすごいことなのか。

少しシミュレーションしてみましょう。


自分が抱えている総在庫量に対して、仮に1日に2%が売れ続けたとします。
つまり、1日ごとに在庫量が2%ずつ減ります。

この2%という数字は、
ものすごく優秀な数字ではありませんが、中々に悪くない数字です。
 


・商品を過度に寝かせる手法をとっていなくて、

・それなりにしっかりと価格改定をしていれば、

新品せどりだと、充分到達可能な現実的な数字です。 

ちなみに、古本せどりだとこの数字が0.5%だったりする人もいます。


で、在庫量を100という数字で表した場合、
1日2%の在庫量が減り続けると、どれくらいの在庫が2ヶ月後には残るのか。

考えてみてください、
と言っても慣れない計算だと思うので、
答えを言います。

2ヶ月後には30の在庫が残ります。

ということは、2ヶ月あれば、在庫量の70%が売れるということです。

(実際には、2ヶ月経過する前に、商品を仕入れ続けるので、
「自分の在庫量がどれだけ減っているのかわからない」状態におちいりがちですが、
ある時点の在庫量のみに着目すれば、上記のような数字になります。)


つまり、何が言いたいかと言うと・・・

クレジットカードで支払日をなるべく先延ばしするように仕入れをして、
無理のない商品回転率でまわしていけば、
在庫量の70%が売れた後に、商品代金の支払いをすることができます。


”恐ろしいほどのメリット”と呼んでも決して大げさではないと思います。


より突っ込んだキャッシュフローの計算シミュレーションは、
また機会があれば取り上げようと思います。

ただ、こうやって数字に起こしてみると、「資金繰りが楽になる」というのが、
ただの理屈を越えて、より高いレベルで理解できたのではないかと思います。



「資金繰りがとにかく楽になる」のは、クレジットカードで仕入れをしたときの
大きすぎるメリットの2つ目になります。



クレジットカード払いのメリット3 ポイントの還元を受けられる

クレジットカード会社は、カードが使われるたびに、
お店から手数料を徴収しています。

どれくらいの額、手数料がかかっているかは
クレジットカード会社とそのお店との「パワーバランス」で決まります。



大規模なチェーン店など取り扱い額が大きくなればなるほど
お店側の力が強くなるので、
クレジットカード会社に支払う手数料が安くなります。


野中の知人友人関係で、情報ソースが確かな範囲で、
実際に支払っている手数料を当事者から聞きました。

〇個人レベルの飲食店で、5%程度

〇年商5億円のシステム会社で、2.8%程度 

〇年商800億円の健康食品通販会社で、1%程度

とのことでした。


クレジットカード会社の立場にたつと、カードを使ってもらえばもらうほど
自分のふろころに手数料が入るので、たくさん使って欲しいと思っています。

そこで、購入者に(つまり僕らに)もクレジットカード支払いをするメリットを
与えることで、囲い込んで、ヘビーユーザーにして、
クレジットカードでより多くの支払いを、させようとしています。

そのために、購入者に還元してくれます。

そして、還元の代表的な形が、「ポイント」や「マイル」です。


で、使用額に対してどれくらい還元してくれるかは、
大体は以下の3パターンに分かれるようです。


通常のクレジットカード:0.5%相当のポイント

高還元率なクレジットカード:1~2%相当のポイント

マイルが溜まるクレジットカード:0.5~1%相当のマイル
(1~3%相当のポイント)



用途が限られているとは言え、ポイントはそのままイコール現金と
思ってもらえれば良いのですが、
「マイル」についてはそうも言えません。

飛行機に乗る時期や航空会社によって、必要なマイル数は異なりますが、
野中が計算した経験で言うと、1~3%相当のポイントくらいだと
思ってもらっても、大きくは外れていません。


前回の記事で軽くお伝えした
『月収25万円をせどりで稼ぎ続けた場合、 どれくらいのポイントを得られるのか』
ですが、 

ポイントやマイルが高還元率でたまるクレジットカードを使えば、
特にキャンペーンなどを使わない通常利用であっても、
ボーナスとして”毎月”10000円分のポイントを手にすることができる・・・

と、言ったのは、還元率2%換算でのお話です。

3%換算であれば、どれくらいの金額になるのか。
良かったら計算してみてください。

ただ、1.5倍するだけです。


「ポイント還元が受けられる」が、
クレジットカードで支払いをする大きすぎるメリットの3つ目になります。

クレジットカード払いのデメリット:管理がやや複雑になる

 
メリットばかりを上げるのは、フェアではないので、
クレジットカード払いのデメリットについても触れたいと思います。

このデメリットは、慣れれば何とかなるレベルの話ですが、

〇管理がややめんどくさくなる

というのが上げられます。


例を上げると、例えば、

・どのクレジットカードの締め日が一番遠いのか把握

・クレジットカードの利用可能額がどれくらい残っているのか把握

・引き落とし日までに、多額の現金を銀行口座に入金

・支払日を忘れないようにする

・クレジットカード各社のウェブページを操作


などなど。

しっかりとこなさなくてはいけません。

しかも、持っているクレジットカードの数の分だけ手間が増えます。


1つ1つは、「難しくてできない」類のものでは決してありませんが、
「慣れる」までは、少しめんどくさいと思うかも知れません。


しかし・・・

大きすぎる3大メリットの前では、
「少々の慣れ」で解決できてしまうデメリットなんぞ些細なことではないでしょうか。

このデメリットは、大した問題ではないと
個人的には考えます。

現金主義者との比較

 
全ての支出を現金で支払う人、「現金主義者」と呼ばれますが、
「クレジットカード払い」と比べてみます。


まず、現金主義者が、現金でを払おうとする理由ですが、
まとめると、

現金で払うと、余計なものを買わなくてすむので、
ポイントがたまるメリットを差し引いても、
結果的には、お金を節約できるから、


だそうです。


「金持ち父さん、貧乏父さん」の筆者ロバート・キヨサキ氏も
近い考え方をする人です。

あなたが金持ちになるための初めの一歩は、
「今持っているクレジットカードにはさみをいれること」。

書籍の中で、言い放っています。


ロバート・キヨサキ氏の考え方にも一利あって、
「なるほどな~。」とは思うのですが、
「せどり」や輸出入の「物販」をするうえでは、
残念ながら「足かせ」になる考え方だと思います。


どういうことかと言うと、
クレジットカードを持つ3大メリットの
最初の2つがメリットと感じないステージにいなくてはいけません。


メリット1 仕入れ資金量を圧倒的に早いスピードで、増やすことができる
⇒仕入れ資金量を増やす必要がない

メリット2 資金繰りがとにかく楽になる
⇒資金繰りを楽にする必要がない


つまり、使える資金量が膨大すぎて、富豪レベル。

例え失敗しても痛くもかゆくもないのであれば、
現金主義者の考え方を取り入れるのも一つの選択肢だとは思います。

ただ、そのレベルまでいくと、
「そもそもせどりをする必要がない」ので、クレジットカード戦略を
はじめから考えなくても良いかと思います。

現金主義者の考え方は、せどりでお金を増やそうと思っている人には、
「ふさわしくない」考え方になります。

クレジットカード払いの大きすぎるメリット3つのまとめ

 
ここまで読んできてクレジットカード払いの
すごすぎる3大メリットが、伝わったのではないかと思います。


あらためてまとめますと、クレジットカードで仕入れをすることで、
大きなメリットが3つあります。

メリット1 仕入れ資金量を圧倒的に早いスピードで、増やすことができる
メリット2 資金繰りがとにかく楽になる
メリット3 ポイントの還元を受けられる

でした。


デメリットを上げるとすると、

〇管理がややめんどくさくなる

のはありますが、「慣れ」で解決できてします。


また、現金主義者の考え方にも一利ありますが、
せどりや物販業では、富豪レベルにならないと参考にならない考え方、
ということでした。


第2回目の
クレジットカード払いの大きすぎるメリット3つ
については以上になります。


次回の第3回目は、
月収25万円稼ぎ続けるためにはクレジットカード枠(利用限度額、上限額)はどれくらい必要なのか
について解説したいと思います。

それではまた!



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ