独立起業して会社を辞めるタイミングを早めて失敗せずに退職・脱サラ

2017.01.30

野中です。


割と良く、

「せどりで稼げるようになってきたので、
”どのタイミング”で会社を辞めたら良いですか。」
(退職・脱サラしたら良いですか)

と、言った内容の相談を受けることがあります。



僕はせどりで自由な暮らしを送る人を
増やしたくて、
こうやって文章でノウハウを晒しているので、


この質問をするステージに立てる段階まで
来ている人がまた一人増えたことは、
非常に喜ばしい気分になります。



ですが、
「どのタイミング」を具体的に
お答えすることは、結構難しい。



「独立と結婚は勢いでするもの」なんて、
ちまたでは言う人もいるくらい。



こう言われるのも、 


・考えるべき事象

・不確定要素


が余りにも多すぎて、
まともに考えても正しい答えが導き出せるものでは、
ないからです。

(そしてさらに、「正しい答え」と言うのも、
多種多様すぎる。)



なので、

「万人に共通する会社を辞めるタイミング」

を提示するのは難しいのですが、
その一方で、

「割とすぐに会社を辞めても良い人」

と言うのは、存在しますので、
今回はそのことをテーマにして、
進めて行きます。

そもそも独立起業(脱サラ・退職)するまでの一般的な準備期間とは?

 

独立起業(脱サラ・退職)するまでに、


・副業のうちに稼げる経験を積んでおく

・自営業の準備・勉強をしておく


人が一般的です。



これらを全くしておかずに独立起業することは、
あんまりオススメはしません。


・・・とは言っても、
僕が通ってきた道ではありますが。苦笑



で、 
起業の準備時間がどれくらい必要かと言うと、
おおよそ2年程度と言われています。


僕がビジネス書を読みあさっていた時代に、
ある程度知名度のある筆者の書籍で
3~4回くらい目にした数字なので、
それほど的外れな年数ではないと思います。

会社を辞める(脱サラ・退職)タイミングを早めても良い人


まあしかし、
せどりで独立するまでに、
2年と言う期間が必要かと言うと、
そこまでは必要がない気がしています。


・他ビジネスに比べて、
リスクが全くもって低い

・そこまで準備に時間がかからない


からです。



で、さらにことさら期間を掛ける必要がない、
「さっさと会社を辞めても良い人」は、
どんな人でしょうか。



その要件とは、

〇今している仕事に復帰することへの
「可逆性」が高いかどうか

です。


「可逆性」とは、
あんまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、
肝に繰り返し叩き込んで欲しい、
すんごい大事な概念です。


「可逆」とは、
「逆」に戻るのが「可能」と言うこと。



つまり、
仮に失敗したとしても、
似たような職場や似たような給料で、
再度働くことが「どれくらいの」できる状態か、

と言うことを指します。



「可逆性」が高い人の例で言えば、


・人材を使い捨てしまくる万年人手不足の
ブラック企業に勤めている人

・アルバイトや派遣の仕事をしている人


なんかはその典型。



例え今の職場を退職したとしても、
似たような職場を探すことが、
比較的しやすいはずだからです。



他にも、

・特殊な技能や経験を有していて、
市場から引く手あまたな人

・営業職などの
他業種への潰しが利きやすい人

・面接がやたらと得意な人笑


なんかも同様です。




これらの条件に当てはまる人であれば、
会社を辞めるまでの期間を、
早めに見切ってもらって構いません。


仮に僕がこれらの状況に立って、
せどりで独立したいのであれば、
月に5万円とか稼いだら辞めるかもしれません。



まあ当事者ではないので、
好き勝手言っているだけですが、笑
そんなことを言えるくらい
「可逆性」を重視しているわけです。

せどりで失敗しないための独立起業方法は、「成功確率」よりも「可逆性」

 

独立する前の一番大きな懸念は、

「成功できるのか」

と言う点ではないでしょうか。



つまり、
「成功確率」を高めることに
こだわっている状態。



もちろん、
このことは重要だし必要であることは、
言うまでもありません。



ただし、
それ以上に
野中はこの「可逆性」と言うのが、
会社を辞めるかどうかを判断する要素では、
一番ウェイトが高いと思っています。



比較検討すると分かりやすいのですが、


〇「成功確率」80%で、
「可逆性」がほぼゼロ
(つまり、元いたレベルの職場には戻れない)

と、

〇成功確率30%で、
可逆性がほぼマックス
(つまり、元いたレベルの職場にすぐに戻れる)


あなただったら、どちらの状況が
独立に適していると思いますか。



前者の方が、
上手く行く確率そのものは遥かに高い。


でも、
僕なら後者の方が独立しやすい状況だと思います。




ちょっとこのままだと分かりにくいので、
スロットの台に置き換えます。


ほら、お金に置き換えた方がほら、
真剣に考えられるじゃないですか笑。



そうすると上記の例は、


〇スロット台A
「勝率」は80%あるが、
負けたら半額没収。

と、

〇スロット台B
「勝率」は30%しかないが、
負けてもお金は減らない。



と変換できます。



まあ、やや強引な例えですが、
「成功確率」と「可逆性」をスロットにすると、
こういうふうになります。



で、話の流れ通り、
僕なら、後者の台で打ちます。


負ける確率はそれなりに高い(70%もある)。


けれども、失敗したとしても、
この前提であれば、
全く損害を受けないからです。


後者の方がお金の増え方は、
堅実だし、多くの金額に膨らむはず。


そりゃ後者を選びます。



「可逆性」を重要視する理由が、
少しはお分かり頂けたのではないでしょうか。



まあしかし、
こんな反論もあるかもしれません。


スロットならまだしも、
実際の仕事を「成功確率」が高くないのに
辞めるのはとても大変。


人間関係もリセットされるし、
何だかんだで新しいことを覚えなくてはいけないので、
精神的にも肉体的にもストレスが掛かる、

と、言う人がいてもおかしくありません。



ただ、僕は常々思うのですが、
そんなものは、
「独立起業して好き勝手に
生きることに挑戦することへの、
「参加費」ではないかと思うのです。


こんなことすらもできない人が、
自分でビジネスをするべきではないと考えます。

独立起業して会社を辞めるタイミングを早めるには 失敗せずに退職・脱サラ まとめ

 

以上から言えることは、

〇「可逆性」が高いなら、
さっさと会社を辞めてしまっても構わない


〇「成功確率」よりも「可逆性」の方が価値が高い


でも、
もし、

〇「可逆性」が低い環境に身を置いているのであれば、
それはもう仕方ないので「成功確率」を
高めに行きましょう。


と言うことです。



まずは、
せどりで独立起業をする前に、

〇自分の今の職場の「可逆性」がいかほどなのか


は推し量るようにしてください。





追伸



先週の土曜日はBUPPAN!の決起会を、
参画してきました。


200人(!)近く参加。


ゆっくりじっくり話すのであれば、
10人くらいのこじんまりした飲み会の方が、
人数的には丁度良いと思います。



しかし、

「一定以上の実力と熱量を持った人間が
集まることでしか生まれないパワー」

と言うものは間違いなく存在します。



大人数が一堂にかいするイベントの魅力を
フルに浴びてきました。





追伸

Panasonicのビストロと言う、
多機能レンジを買いました。


AmazonでPanasonicの規制が入って、
ヤフオク!に比較的安価な値段で溢れていた商品を
狙い撃ちしました笑。


現段階での最新機種ですが、
3か月前の相場と比べたら、
30パーセント(!)ほど安く購入。


Amazonが特定メーカー商品の規制への影響を
逆手の取ってやりました。



ドンキのシールが刻印した保証書だったので、
間違いなくせどらーが出品者です笑




ビストロは多機能オーブンレンジで、

・レンジ
・グリル
・スチーム
・オーブン

の基本4機能を兼ね備えています。


また、
これらを組み合わせることにより、
さらに、

・ノンフライ
(ノンフライヤーの代わり)

とか、

・蒸す

とか、
多種多様な調理ができます。


(あまりの多機能っぷりに、
Googleの予測変換に「ビストロ 使いこなせない」と
入っていて笑えました笑)



これらの多機能な機械にさらに、
上側と下側で同時並行で違う動作をさせることが
できてしまいます。


究極のオールinワン調理器具と、
言えるかもしれません。



「短い時間で」×「簡単に」×「同時に」、
美味しい料理が作れてしまうからですね。


もっと早く買っておけば良かった。


家事を効率化するためには、
便利家電は必須だなと思っている次第です。




同じ話はせどりにも言えて、
業務を効率化するためには、
ツールが必須です。


毎月課金に嫌悪感を抱く人もいますが、
そんな金額安いもんなんですよ。



ツールにやらせようとしていることを、
人を雇ってやらせるとそのことがよく分かります。


対人だと研修をしている段階で、
数万円分の人件費が吹っ飛んだりしますし。


黙々と作業してくれるツールの
何とありがたいことか。


もし、
まだプライスターとかCAPPYを使っていない場合は、
導入を検討してみてください。


プライスター
http://ur2.link/Bh21

CAPPY
http://ur2.link/Bh27



今回は以上です。


それではまた!



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ