ヤフーショッピングの出店についての可能性 売れない?出品・販売手数料はいくら?

2017.01.11

野中です。


僕の親しい友人が年末商戦期に、
2億円近い数字を月の売上で叩きだしました。


いやはや凄い月商ですよね。



手法を聞いたのですが、
う~ん、なるほどなと思う内容でした。


非常識とも言える数字を売上を上げる人達は、
せどりと言う範疇ではくくれない仕入れを
していることが非常に多いもの。



しかし、
その友人がしていることは、
まぎれもなく”せどり”ど真ん中を突っ走っていました。


誰もが使える小売店から、
普通のお客さんと同じ価格で、
商品を仕入れしているからです。



ただし、他の人と違う最大のポイントは
販路になります。


Amazonではなくて、
ヤフーショッピングを使っています。



もちろん、
ヤフーショッピングを使った「だけ」で
それだけの売上を上げられるわけではありません。


しかし、
売上と言うのは市場の可能性を端的に表すもの。


普段のせどりでも、
ヤフーショッピングを使えば、
面白いことになりそうなので、
実際に使ってみたら、どうなるのかを考えてみました。

ヤフーショッピングとは。気になる出店・販売手数料

 

毎度おなじみあのヤフーが
運営しているネットショップのことです。


ヤフーショッピング
http://shopping.yahoo.co.jp/



僕が講師をしているBUPPAN!と言うコミュニティでも
チラホラと単語を耳にするようになってきました。


「集客力」と「販売力」が
良い感じに高まってきている、
最近最も伸びが著しい販路のうちの一つです。



特徴は何と言っても
手数料が安いところに尽きます。


後発組からAmazonや楽天の牙城を崩そうと
ヤフーが力を入れているのが、
ヒシヒシと感じられます。



・月額固定費がかからない

・手数料が5%程度
(AmazonでFBAを使うと20~25%程度)


と言った具合。

(入金サイクルが基本は月に1回。
手数料を払えば最大月に6回。)


手数料がこれだけ顕著に差があると、
利益率にも相当跳ね返ってくるんだろうなと
思ってシミュレーションしたら、
予想通りの結果となりました。 

せどりで、ヤフーショッピングを”上手く”使う方法。売れない可能性を排除

 

ヤフーショッピングを”上手く”使うとは、
Amazonを捨て去って、
ヤフーショッピングに丸ごと鞍替えしましょう、
と言う話ではありません。


Amazonを今まで通りに使いつつ、
いいとこ取りで併用することができてしまう。



FBA倉庫に納品してある商品は、
他サイトで売れた場合の発送も兼ねてくれています。

(通称、FBAマルチチャンネルサービス)


このサービスを使うことにより、
販路を併用することが「お手軽に」可能となります。



AmazonFBA倉庫から直送するためには、
どっちみち今まで通り納品しなくてはなりません。


ヤフーショッピングに販路を拡大するとは、
全く別のノウハウや物流を1から構築するのではなくて、
今までしている作業に多少+αするだけで、
叶えることができてしまうんですよね。

全品ヤフーショッピングへの出店で、売上と利益と利益率はどれくらい伸びるのか

 

具体的な例があった方がわかりやすいと思うので、
数字に落とし込んで見ていきましょう。


Amazonで仮に毎月

【月商100万円、利益額25万円、利益率25%】

を出している人を土台として
ヤフーショッピングを併用するとどうなるのか。



最初にやや極端な例から行きましょう。


ヤフーショッピング「のみ」で
商品が全部売れた場合です。


手数料が大幅に下がります。



Amazonでは売上に対して20~25%程度が、
ヤフーショッピングを使うと10%程度に激減します。


(ヤフーショッピングの手数料
そのものは5%程度ですが、
FBA保管手数料やマルチチャンネルサービス等の
手数料5%程度加わると10%程度)



安くなった手数料の10%程度がそのまま利益に
なるので、

【月商100万円、利益額35万円、利益率35%】

と言うことなり得ます。



販路をAmazonからヤフーショッピングに替えただけで、
利益率が10%も上がってしまった。


手数料のAmazonでの高さとヤフーショッピングの安さを
如実に表している例となりました。




実際のところは
ヤフーショッピング「のみ」で販売しても、
こう言った結果には、まずならないでしょう。



いくら伸び盛りのヤフーショッピングとは言え、
Amazonと同じくらいの集客力と販売力を
備えているとは考えにくいからです。



では、実際にAmazonとヤフーショッピングを
現実的なレベルで併用した場合に、
売上や利益や、どれくらい作業量がかかるのか・・・

現実的にヤフーショッピングに出店した場合

 

次に現実路線を走ろうかなと思います。


Amazonとヤフーショッピングを併用した場合。



まず、それぞれがどれくらい売れるかと言う話ですが、
ヤフーショッピングの販売力は、
Amazonを10とするとざっくりと3として、
話を進めていきましょう。



いかんせん感覚的な数字ですが、


・Amazonほどは集客力と販売力がない

・しかし、特にせどらーのライバルはそれほどいない


これらをトータルで考えてみたり、
耳にする他の方の売れ行きを聞いていると、
これくらいはありそうな気がするからです。




先ほど出した例だと、

Amazonのみで、

【月商100万円、利益25万円、利益率25%】

ですから、
ヤフーショッピングは、

【月商30万円、利益額10万円、利益率35%】

このようになります。




ヤフーショッピングを使うとは、
これら2つの販路を併用するので、
足し算して

【月商130万円 利益額35万円 利益率27%】

になると言うこと。



月商が30%↑、
利益額が40%↑、
利恵率は微増、

ここには書いていませんが、
1.3倍商品が売れるので、

回転率も30%↑ 


になりました。



相当良い数字ではないでしょうか。

ヤフーショッピングに出店した場合に増える作業量


新しい販路を広げるわけですから、
今まで通り以上の作業量が発生するのは、
致し方ないところ。


初期登録とか新しい管理画面に
慣れるまでの手間とかは、
さて置いておいておきましょう。


これらは1回こっきりだけなので、
黙って慣れるしかないからです。



気になるのが、
毎日のタスクはどれくらい増えるのかと
言う視点。


・増える作業

・取られる時間


この2点ですね。



書き出してみたんですが、
意外と大した作業量ではないなあと言う印象です。



Amazonは多種多様なレポートが、
ダウンロードし放題なので、


ちょちょっと加工して、
ヤフーショッピング側に一括ファイル等で、
アップロードすることで、
ほとんど手間が無いことがわかったからです。



定期的にしなくてはならないタスクとしては
例えば・・・


・Amazonに出品納品する毎に、
ヤフーショッピングにも出品や値付けする

⇒出品商品のAmazonのレポートを
ヤフーショッピングにアップすれば良いだけ。
10分とか? (出品する度)



・価格や併売品の管理

⇒FBA商品一覧のレポートをダウンロードして、
多少いじってヤフーショッピングにアップすれば良いだけ。
10分とか?(ほぼ毎日)



・FBAマルチチャンネルの発送作業

⇒1個1分くらい。
上記の月商30万円レベルで月に1~2時間程度
(商品が売れる度にほぼ毎日)


・買う前と買った後の問い合わせ対応

⇒1回5分くらい。
(問い合わせがある度)



トータル作業量で月に10時間くらい。



ただし、
このレベルの作業なら、
自分でやるまでもありません。


ランサーズやクラウドワークスなどので
外注さんを募集できるサイトで人を集めて、
月5,000~8,000円くらい払えば、
喜んで仕事してくれそうな内容です。



慣れるために、
最初の1~2か月は自分でタスクをこなして、
その後はさっさと人に仕事を振るのが良いかと思います。

Amazonとヤフーショッピングが同時に売れてしまったときは

 

また、
併売した場合の一番のネックになりうる、
商品管理ですが、
こちらについても大した問題にはなり得まえん。 


Amazonとヤフーショッピング両方売れたら、
在庫切れを起こした方の評価が下がってしまう、、、

そんな心配があるかもしれません。



しかし、
その場合はAmazonを
優先させてしまうだけで良い話。



ヤフーショッピングは、
在庫切れでキャンセルしたとしても、
悪い評価はつかないからです。



------------------------
■ヤフーショッピングの出店についての可能性 売れない?出品・販売手数料はいくら? まとめ 
------------------------


大筋のところで言えば、
販路にヤフーショッピングを取り入れるのは、
非常に有益になりそうな気がしています。



今まで見て頂いた通り、
月々5000円ぽっちの外注費で、
利益額が40%上昇して、回転率は30%上昇する可能性を
秘めていますもんね。



ただし、
まだ触ったことは一切ない段階なので、
実際に試用してわかる不明点や躓く点は
後からボコボコと出てくるもの。



「マイナスの懸念点」は、
果たしてどれくらい売れるのかと言う点。


Amazonが10売れたときに、
ヤフーショッピングでは本当に3売れるのか、
 
は正直わからないです。


これはもうトライしてみることでしか、
掴めない知見だと思っています。




「プラスの期待」としては、

〇ヤフーショッピングを使った場合の仕入れ量の増加

が上げられます。


回転率が40%アップしたら、
仕入れ基準が変わります。


いつも以上に
「量」と「質」共に
緩い基準で仕入れができてしまう。



売れるカテゴリを上手く導き出せば、 
仕入れ量を2倍とかにできるかもしれません。


ヤフーショッピングを使えば
利益率は+10%多く取れるので、
今まで利益率が8%しか取れなくて
捨ててきた商品も拾えます。



さらに、

〇値段も多少上げられるので、
さらなる利益率の向上

が考えられます。



どこのショッピングモールも
顧客を囲い込んでいて、
ヤフーショッピングは、
Tポイントカードユーザーが主にその層。


実際僕も今月待つで切れる期間限定ポイントが、
何万ポイントかはあったので、
多少の価格差ならヤフーショッピングで
買うつもりです。


 
Amazonの値段よりも3%高く売れたら、
トータルでAmazonに比べて、
利益率が合計13%(!)も上がってしまいます。


同じ商品を売っているとは思えないくらいの差。



記事の内容を書きながら、
勝手にテンションが上がって、
よりトライしたい気持ちが高まってきました笑







追伸1


ヤフーショッピング自体は、
何年か前に手数料を大幅に下げたことで
話題になりました。

(それまではサービスそのものは提供していたのですが、
ECサイト上の存在感は、ほぼゼロ。)



その時は話題にはなったものの、
出店者数がいきなり伸びた印象はありませんでした。



新しいサービスが開始されたときに、

「ビバ!先行者利益!ブルーオーシャン!」

とすぐ飛びつく
フットワークの軽さも確かに重要です。



ですが現実的に考えてみると、
一定規模まで立ち上がらないサービスの数の方が
割合としては遥かに多いことも事実。



今回のヤフーショッピングの事例は、

「機が熟したきたので、飛びつく。」

と言う感覚に近いでしょうか。



市場やサービスの特徴にもよるので、
いつ突っ込んだ方が良いのかについて、
ここでは詳細な解説に脚を踏み入れませんが、


・誰よりも素早く飛びつく

・機が熟したら飛びつく

・飛びつかない


の3つの選択師を手元に置いておいて、
参入するのかを見極めるのが
良いと思っております。



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ