モノレート(物rate、amashow)を制するものは、せどりを制する

2015.05.04


これから何度かの記事に分けて、
せどりで稼ぐために習得するべきスキルと
そのスキルの伸ばし方をテーマにお話していきます。



ビジネスの世界では、
「これのみ」を身につければ稼げる
都合のよいスキルはこの世には存在しないと思います。 


せどりも同様で、
「Amazonセラーセントラルの使い方」とか「ビームせどりの方法」
とか「最低限のパソコンリテラシー」とか、
必要なスキルは、例をあげればキリがありませんが、
この辺りは一通りできるようになっていた方が良いでしょう。


まあどこまでをスキルと呼ぶかはさておき、
仮にこういったことまでを「スキル」と呼ぶならば、 
稼ぐためには様々なスキルが求められます。


稼げるとは、言い換えれば
「様々なスキルを身につけている」と言えると思います。




で、今回はせどりに必要なあまたあるスキルの中から
「稼ぎに直結するスキル」のみを抽出しました。


その中でも、特に重要度の高いベスト3を
テーマにお話していきます。


なので、
一連の内容を読んで頂ければ、
せどりで最短で稼ぐ方法があなたの脳みそに
インストールされます。



いわば「せどりでお金を稼ぐ」ための 
エッセンスのエッセンスとも言える内容です。



1回目である今回扱うテーマは、
モノレート(物rate、amashow)についての重要性や
正しく見えるとはどういうことか、です。


上位3つの中でも1番重要だと、
自信を持って断言できます。


「モノレートを制するものは、せどりを制する」


控えめに言ったとしても、
それくらい最重要なスキルであることは疑いようがありません。


モノレート(物rate、amashow)の正しい見方をマスターすることはせどらーにとって超必須


野球にとってのキャッチボール、
サッカーにとってのリフティング。


スポーツには、
「それができないと、はじまらないスキル」が
存在します。



せどりでも同様です。


キャッチボールやリフティングにあたる
そのスポーツの土台となるスキルが、
モノレートを正しく見られること。



モノレートを正しく見ることができれば、
仕入れの精度が高まります。


精度が高まるとは、
手痛い仕入れミスが激減して、
仕入れの幅も健全に広がるでしょう。


今までとまったく同じように仕入れをしても、
今まで出す利益が100の人なら、
110や120と数字が底上げされ続けます。


単月だけ跳ね上がるのではありません。


あなたが記憶喪失にでもならないかぎり
利益の「底上げ」は継続します。


利益額うんぬんの前に、
そもそもモノレートが正しく見られないと、
仕入れができません。


できたとしても、
不良在庫の山を買っていることになります。



せどりの肝である仕入れを行うためには、
モノレートの正しい見方を身につけることから
全てがはじまります。



ちなみに、モノレートのサイトはこちらです。


初めて訪れる場合は、ブックマークしておきましょう。


http://mnrate.com/past.php


モノレート(物rate、amashow)を正しく見れるとはどういうことか


では「正しく見られる」とはどういうことなのか、
その内容に触れていきましょう。


モノレートを正しく見られるとは、
「仕入れる/仕入れない」の判断とその根拠を
高い精度をもって言葉で説明できることを指します。



実は、
「仕入れる/仕入れない」の判断はそこまで重要ではありません。


違うせどらーが同じ商品を目の前にしても、
資金量や戦術によって判断は分かれます。

一つの絶対的な正解はありません。



それよりも、そこに至るまでの過程である「根拠」を
しっかりと読み解けているか。


「思考の道筋は正しいかどうか」に着目してください。



具体的にはモノレートのサイトを見ながら、
以下のこと全てをそれなりの精度と共に
予測できなくてはなりません。


Evernote Camera Roll 20150503 224015 



この商品は、

~~%の確率で、

~日後に

~~~円くらいで売れる。



多少悪く見たとしても、

~日後に

~~円くらいで売れる。



なぜそうなるかと言うと、

プラスの要因は
~~~~~~~~~~~~だからと、
~~~~~~~~~~~~だから。


マイナスの要因は、
~~~~~~~~~~~~だから、
~~~~~~~~~~~~だから。
(複数個に理由がまたがることがほとんど。)



だから、結果としてこの商品は
仕入れる/ 仕入れない

仕入れるなら、~個まで仕入れる。


その上で価格戦略は、
~~~~~~~~~にする。
( 最安値に合わせる / しばらく寝かせる / 3番目に合わせて様子を見る など )



ここまでの根拠をしっかりと説明ができるレベルまでは
グラフや過去のデーターを読み解けるようになってください。


例外的な動きをしている場合や、
データー量が少なすぎて判断の糸口がつかめない場合など
応用的なグラフでもないかぎりは、
ここまで明確に示せて「最低限」だと思ってください。


モノレート(物rate、amashow)の正しい見方はどうすれば身につくのか

 
方法やコツをちょちょっと解説しただけで
すぐに身につけられる類のものではありません。



モノレートの正しい見方は、
キャッチボールやリフティングと同じように
体で覚えるスキルに近いものがあります。



「反射的に判断がついて説明ができる」レベルまで
グラフと睨めっこしながら、
泥臭い数稽古の繰り返しです。


歯を食いしばって頑張るしかありません。

 

それでも「楽に」というと若干語弊がありますが、
「最短で」「確実に」「正しい」
モノレートの見方を身につける方法はあります。


上記の空欄を埋めた思考の過程を、
できる人に添削してもらうことです。


正しい筋道を描けているのかを聞いてもらい、
ズレたところや抜けているところを修正してもらうこと。


これ以上の上達方法はありません。



弊社の仕入担当は、
せどりをはじめて3ヶ月目で
月商200万円利益率30%を達成しました。


今では月商300~400万円程度。


多いときは月商500万円以上の売上を
一人で上げてくれるようになりました。

(利益率は25%程度)


仕入れに行くのは週に3~4回程度。


毎日のように
1日で4~5万円の粗利益を稼ぎ出してくれています。


順調にそこまでの数字を出せるように成長したのは
研修期間中にモノレートの正しい見方を
連日連夜徹底的にたたき込んだことが一番の要因です。


◆野中があなたにせどりを直接教えます


同じように「最短」「最速」で
モノレートの正しい見方を身につけて
稼げるようになるための
二人三脚サービスを提供しています。


野中があなたに直接せどりを教えます。


力を入れてサポートするので、
キャパが一杯のときは受け付けることはできませんが、
もし料金や内容に興味があればお問い合わせください。


二人三脚コンサルについて



1回目である今回扱うテーマは、
モノレート(物rate、amashow)についての重要性や
正しく見えるとはどういうことか、でした。



それではまた!



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ