ブラック企業で働くくらいなら、せどりで独立した方が良いと思う

2014.09.18

ブラック企業で働き続けている人って、心底すごいなぁと思います。

拘束時間も長くて、給料も低くて、労働環境も劣悪の中、
働き続けるなんて絶対無理。

僕だったら、さっさと辞めてしまって、せどりをします。

拘束時間はそのままだとしても、
給料は絶対上がるし、劣悪な労働環境からは開放される。

もちろん、仕事にもとめるものは、この3つだけではないし、
人の数だけ働く会社に求めるものはあることは、理解しています。


それでも、
働いている時間を仕入れに費やしたら、収入がすごいことになりそうなので、
どれくらいの収入になるのか、ちょっくら面白そうなので計算してみます。


労働時間を1日15時間で週に6日勤務とします。

15時間×6日=90時間 が1週間に働く時間。

90時間×4週間=360時間 が1ヶ月に働く時間。


こうやって算出してみると、引くくらい労働時間長いですね。。。

この労働時間は、野中が大学生時代にアルバイトしていた
会社の数字を当てはめたものです。

その会社は2ちゃんねるのブラック企業偏差値ランキングで、
栄えある1位をとっていた会社なので、
ブラック企業と言っても良いでしょう。


で、せどりの時給を3000円とします。

弊社の仕入担当が、1日稼働すると4~5万円ほど利益をもたらしてくれるので、
時給3000円というのは、かなり控えめに見ても現実的な数字だと思います。
(ブラック企業ほど労働時間は長くない笑)

初心者が1ヶ月目で出すのは、やや厳しいかと思いますが、
2~3ヶ月程度あれば、これくらいのレベルには充分到達できるかと。


時給3000円×360時間=108万円。

なんと100万円を越えてしまいました。

ブラック企業で働く方が、その時間をせどりに費やしたら
まさかの大台超えです。


実際には、この数字から仕入れ経費とか引くし、
出品納品する時間を考慮に入れてないし、(まあその時間は外注化すれば良いんだけど。)
計算式自体がやや単純化しすぎているきらいはあるものの、
無理な数字では全然ないと思うんだけどな~。

悪くない数字だと思います。

うまくやれば、時給額はこの倍くらいはいけたりしますし。


ブラック企業で働き続けられる人って、
超長時間労働に耐えられるガッツも体の強さも持っているはず。

理由はどうあれ
ガムシャラに働けるって、すごい才能だと思います。

そのエネルギーを、せどりにガツンと費やせば
少なくともお金を手にするという点では、何倍ものリターンが得られます。

ブラック企業で働くくらいなら、せどりした方が良いですな。



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ