せどりのクリスマス年末商戦はいつからいつまでなのか

2015.12.05

野中です。


久しぶりの配信となりましたが、
いかがお過ごしでしたでしょうか。


僕の方は何をしていたかと言うと
アメリカ輸出にガッツリと取り組んでいました。

まあそのあたりの話は追伸で軽く触れていますので、
良かったらそちらをご覧ください。



今回のテーマは、
「せどりのクリスマス年末商戦はいつからいつまでなのか」
についてお伝えしていきます。


ご存知の通りクリスマス年末商戦は衝撃的なくらいおもちゃが売れる時期で、
その攻略法みたいなものも確かに存在します。



しかしそれ以前の話として、
そもそもクリスマス年末商戦が
いつから始まっていつ終わるのかという前提条件を知らないと、
攻略法も何もあったものではありません。


今回の内容を
年末商戦で一稼ぎするための作戦を立てる
材料にしてもらえたらなと思います。


では早速いきましょう!

せどりのクリスマス年末商戦はいつからいつまでなのか・・・結論

 

いきなり結論からお伝えしましょう。


2015年のクリスマス年末商戦は、

------------------------------------------------
〇広義の意味では、
11月末から12月の24日まで

〇狭義の意味では、
2015年は12月14日(月)から12月23日(火)まで
------------------------------------------------

になります。



厳密な定義ではもちろんありませんが、
せどりをする上で「クリスマス年末商戦でモノが売れる時期」を
日付で区切るのであれば、僕の経験上だとこの期間になります。



特に後者の

「2015年は12月14日(月)から12月23日(火)まで」

は特に売れ筋のおもちゃであれば、
信じられないくらいのスピードで売れていきます。
 

クリスマス年末商戦と言われるこの時期に「なぜ」爆発的にモノが売れるのか

 

クリスマス年末商戦がいつからいつまでなのかについては、
お伝えした通りですが、もう1歩踏み込みましょう。



「なぜこの時期には、飛ぶように売れるのか」を考えてみましょう。



確かにこの時期には、
定価の2~3倍ものプレミア価格まで高騰したおもちゃであっても、
普通に売れていきます。


これって結構すごいことだと思いませんか。


自分の身になったつもりで考えて欲しいのですが、
普段なら3000円で買えるおもちゃを9000円払ってでも買う。


僕ならかなり抵抗を覚えますし、
特別な理由がない限りはまず買いません。
 


クリスマス年末商戦と言われる名前の通り、
「クリスマスプレゼント用に」「子どものいる親御さん」が
買われているのは明らかです。


しかも、
クリスマス年末商戦は、

〇2015年は12月14日(月)から12月23日(火)まで

と、僕は具体的な日付まで出して爆発的に売れる時期を
お伝えしています。


もちろんそこには根拠があるわけですが、


・なぜクリスマス年末商戦では値段が高拂した商品でも売れるのか

・僕がなぜ具体的な日付まで出して売れる時期を予測できているのか


これらの理由を順番に紐解いていきましょう。

「いつから」「いつまで」を知るために、クリスマスプレゼントを買う人の行動を分析する


購入者である子どもがいる親御さんが、
どういう行動でどういう気持ちになるのかを想像すれば、
これら2つの問いの答えは、おのずと見えてきます。



子どもが心待ちにしている24日(木)。

何が何でもプレゼントを用意しなくてはなりません。

言わば「絶対的な期限」。


ということは逆算すると、
1~2週間前の週末である、

・12日(土)、13日(日)
・19日(土)、20日(日)

に街にクリスマスプレゼントを買いに走る可能性が高いです。
(そのせいだけではないのですが、
この時期は特に都心では街がごった返していますよね)



プレゼントを無事に買えれば良いのですが、
実店舗では欲しいプレゼントが置いていない、
もしくは在庫が既に切らしてしまっていることがあります。


そうなると仕方なく、
インターネット、特にAmazonを使って
クリスマスプレゼントを買うことになります。


親としてみれば、

・年末はただでさえ忙しい

・子どもが欲しがる商品を実店舗で見つけられなかった「焦り」

・プレゼントを用意できなくて子どもの悲しむ顔を見たくない「心配」



定価の2~3倍のプレミア価格まで高騰したおもちゃであっても
売れる背景には「焦り」や「心配」の感情が潜んでいるわけです。



一旦内容をまとめると、


・なぜクリスマス年末商戦では値段が高拂した商品でも売れるのか
⇒期限があることで、「焦り」や「不安」の感情が高まるから

・僕がなぜ具体的な日付まで出して売れる時期を予測できているのか
⇒典型的な親の行動パターンを分析してみれば、自然とそうなる可能性が高いから


と言うことになります。


※いちおう補足すると、「最初からネットで買う」人もいることはいますが、
※ネットよりも実店舗の売り上げの方が高いので、
※やはり典型的な購買者は、上記のような行動を取る確率が高いです。

せどりをするには23日までがクリスマス年末商戦


ということは、せどらーとしての僕らが
クリスマス年末商戦で守らなければならないルールも見えてきます。



子どもを持つ親御さんのあれだけ高まっていた
「焦り」や「心配」の感情が24日以降は消え去ります。

期限が過ぎたわけですから、当然ですよね。


おもちゃはパタリと売れなくなります。


まあ厳密に言えば全く売れなくなるわけではありませんが、
仮に売れたとしてもほぼ間違いなく、
価格が大幅に下がるでしょう。


需要は急落するのにも関わらず、
売りさばくのに失敗した出品者の価格下落圧力が
高まるからです。



なので、僕らは、

「23日までにおもちゃは何が何でも売り切らなくてならない」

という結論に行き着きます。



脚を棒にして探し回った商品でも、
大量に仕入れるために店員と一悶着あった商品だろうと、
売れば売るほど赤字が積み重なる商品だろうと関係ありません。


冷淡に損切りをすすめなくてはならないのです。


価格が再び上昇する確率よりかは、
将来的には損失がより膨らむ可能性の方が、
圧倒的に高いので、23日までに損切りしないと、
さらなる損失を招くことになります。


クリスマス年末商戦で損失者が大量に出た事例

 

具体例を出したいと思います。


デッドラインを守れていなかったために、
クリスマス年末商戦で損失者が大量に出た事例を見てみましょうか。



2015年のおもちゃランキング1位であった
「妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式」


モノレートで過去の状況を「全期間」に
設定して自分の目で見てくれた方がおすすめです。


http://mnrate.com/item/aid/B00KXLW1YE



クリスマス年末商戦期間中は、
おおよそ4500円程度の価格で推移していました。


24日の段階では、最安値が3690円で817出品者(!) 。


僕はもうこの時点で
800人以上の出品者が悲惨な目に遭うことが見えていました。



さて実際はどうなったかと言うと、
2月28日の段階だと413人まで出品者数が落ちています。


つまり2ヶ月で出品者数は半分まで減りました。



クリスマス年末商戦が終わったと言えども、
さすがにおもちゃランキング1位の商品。

在庫のはけは良いようです。



しかし、価格が暴落しました。

ずーっと右肩下がりで、
クリスマス年末商戦の半分近い価格である2000円まで落ちています。 



僕が知りうる限りこの商品の仕入値は、
定価で販売しているところだと3300円程度。

一番安いのは某スーパーで2150円の仕入れ。

次に安いところだと2700円で売っている家電量販店もありました。



どの値段で仕入れても結構な額の赤字になったはずです。


特に、
3300円仕入れで2000円売れなんてことになると、
1個売る度に2000円近い赤字を計上することになります。


しかも・・・
おもちゃランキング1位の商品だったので、
数十個、中には100個以上もの在庫を抱えている出品者もチラホラいました。


中にはこの商品だけで10万円以上もの赤字額を計上したせどらーも
いたはずです。


恐ろしや恐ろしや・・・




「23日までにおもちゃは何が何でも売り切らなくてならない」

というデッドラインは死守するようにしてください。


同じ轍はふまないように。


せどりのクリスマス年末商戦はいつからいつまでなのか、まとめ

 

クリスマス年末商戦がいつからいつまでなのかをまとめると、
期間は、

「2015年は12月14日(月)から12月23日(火)まで」


どうしてその期間にプレミア価格でも売れるかと言うと、

「期限があることで、プレゼントを買う親の「焦り」や「不安」の感情が高まるから」


僕らせどらーは、

「23日までにおもちゃは何が何でも売り切らなくてならない」

という鉄の掟を死守すること、

です。



こーいうモノが売れる背景を理解しておくと、
応用が利きやすくて自分で意思決定する材料になるはずです。


それではまた!




追伸

「これから年末商戦に参加して間に合いますか」
という質問メールを何通か頂いてます。


結論から言うと、
間に合う手法もあるし、間に合わない手法もあると言う
お答えになります。


間に合わない手法はやや高度というか、
リスクが結構ある手法なので、
万人に勧めることはできません。


今からでも間に合う手法を採用しても、
普通に美味しい思いはできたりはします。


「それはどんな手法なんだ?!」ということは、
この場で書くにはちょっと長くなりすぎるので、
またメルマガで書くかもしれません。



追伸2

メルマガを出さない間は、
アメリカ輸出にガッツリと取り組んでいました。

2ヶ月目にして月商650万円達成。



僕も作業を覚えたりノウハウを追求したりしながら、
さらにはスタッフの育成も同時並行でこなしているので、
非常にやりがいを感じます。


3月くらには月商1500万円ほどに到達する予定です。



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ