せどりというビジネスモデルが成り立つのはなぜか

2015.04.28


野中がせどりをはじめた頃の話です。

母親に「せどりを仕事にして、月収30万円稼ぐ。」と言うと、
鼻で笑われました。


母の反応は、ある種正常で10年前であれば、
「非常識なこと」と思うのはもっともです。



今でこそ、「普通の人」にもそこそこのレベルで
せどりという言葉は浸透してきました。

それでも、
『どこにでもある家電量販店やスーパー、
ショッピングセンターで仕入れて、
Amazonで転売しています』と伝えると
驚きと共に不思議がられることも多いです。


・店舗を構えるコストにも差がある
・人件費も過剰にかかる
・万引きの損失

などを考慮すると、

『実店舗よりもインターネットで買う方が安いのに、
なぜ差益が生まれるのか?』

という疑問を抱くようです。


そこで今回は、せどりというビジネスモデルが成り立つのはなぜか、
その理由を野中なりの考察と共にお伝えしたいと思います。



僕が中心としている手法、
新品店舗せどりでは・・・
という前提を持って読んでください。

マクロな視点 業界規模からせどり業界を考える


まず、せどりの業界規模を考えてみます。

国や公平な機関が発行している公式なデーターは存在しません。
(もし知っていたら是非教えてください。)

僕が信用ある筋から聞いた話だと、
日本Amazon売上げの8000億円のうち、
3割にあたる2400億円が転売による取扱高と言われています。



Amazonだけで2400億円の市場規模。

さらに、ヤフオク!、BUYMA(バイマ)、ネットショップなどを含めると
少なく見積もっても3000~4000億円ほどあると推測できます。




これくらいの数字の業界規模に近いのは、

〇フィットネス業界 4000億円程度

〇イタリア料理業界 3000億円程度

〇マッサージ業界 2500億円程度

あたりになります。


こうして数字を見て比較していると、
ビジネスとして成り立つのは「自明の理」かと思います。


スポーツジムや、イタリア料理屋、マッサージ屋に
「なぜ成り立っているのか不思議な業界だ」と思うことはありませんよね。


せどりの裾野(すその)は広いと思ったかもしれません。

ミクロな視点 実店舗が安く売る理由


次に、ミクロな視点からせどりがビジネスとして成り立つ理由について
迫ってみたいと思います。


「安く仕入れて、高く売る」のはせどりの基本であり、
まずは安く買うことから始まります。



Amazon本体はかなり安い価格で商品を提供しています。

ビックカメラとかコジマネットなどの
有名家電通販会社を蹴散らして、
カカクコム最安値にいることもよくあります。


Amazonで販売するせどらーは、
結構な額の手数料を徴収されたり、FBA倉庫に送るダンボール代や配送料などの
経費がかかるわけですから、
安いアマゾンよりも、もっともっと安く実店舗で仕入れなくてはいけません。


ポイントとなるのは、
実店舗はそこまでの安売りをどうしてするのか』
と言うこと。

諸々の理由はありますが、
『スペースの制約から逃れられないから』
というのが決定的な理由です。


お店にとっては「使えるスペース」は有限です。

限りあるスペースの中で、日本の四季折々に対応するために
商品を入れ替え続けなくてはいけません。


どういう基準で商品を入れ替えているかというと、
「どうしたら1坪あたりの売上(利益)単価が上がるのか」
が根本にあります。


新しい商品の売り上げが見込めたり、
放置しておくとさらに傷口が広がると思えば、
スペースあたりの単価を上げるために、赤字やもしくは低利益でも放出します。

実店舗が安く売るのはそういった理由からです。

せどりというビジネスモデルが成り立つのはなぜか まとめ


マクロな視点でせどりの業界規模を考えると、
かなりの金額であること。

そして、Amazonを中心として
オンライン通販はさらに広がりを見せています。

業界規模が急に縮小する理由は特に見当たらないかと思います。


ミクロな視点でお店が安売りする理由を考えると、
実店舗にはスペースという制約があるので、
赤字や低利益で商品を投げ売りすること。

そして、実店舗という性質上、
スペースの制約から逃れられることは未来永劫ないでしょう。


そして何より、
野中が10年間以上ご飯を食べ続けている事実が
せどりというビジネスモデルが成り立つ
何よりの証明になるのではないでしょうか。



今回はこれで終わりです。

それではまた!



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ