せどりで稼ぎ続けるためにもっとも重要視していること

2015.04.29

今回は、せどりで稼ぎ続けるために
野中がもっとも重要視していることをお伝えします。


ポイントは、「稼ぐ」ではなく、
「稼ぎ続ける」です。


瞬間最大風速だけ吹かして終わりではありません。

ビジネスとして取り組み
中長期的な収入を得続けることを目的とした場合に、
何が一番重要なのか。


10年以上せどりでご飯を食べ続けているので、
野中には語る資格はあるのではないでしょうか。

せどりで稼ぎ続けるためにもっとも重要視していること


もっとも意識していることは、「継続」することです。

せどりで稼ぎ続ける真理と言っても良いと思います。



せどりの肝である仕入れ作業は、非常にシンプルです。

モノレートなどのサイトを見ながら、価格差のある商品を探し出す。


身もふたもないいい方をしてしまえば、
「ただそれだけ」になります。



そして、レベルが一定以上に達すると、
あとはもう同じことを繰り返すだけ。

せどりというビジネスの特徴は、
良くも悪くも「繰り返し色が強い」こと。


反復作業をそれなりのテンションを維持したまま
続けられるかどうかが、収入を維持する決め手になります。



困難にチャレンジするのとはまた違い、
味気のない単純作業を、何度も何度も繰り返すことは、
また別の「厳しさ」があります。



野中は就職して働いた経験こそありませんが、
アルバイトで働いてたときに一番キツかったのが
ヤマザキパン工場のベルトコンベアの作業員でした。

同じ仕事をただ繰り返す代表格と言えると思います。



仕事の内容はと言うと、
流れてくるパンを手で持って、
ただ手元のトレーに移すのみ。

一定のペースでたえ間なく流れてくるので
機械のように、ただ手を動かします。


ただ同じ作業を続けることが、
こんなに「苦しい」とは思いませんでした。

1分がまるで1時間のように感じられて、
拷問のように思えました。


こんなにも時間が遅く感じたことはありませんでした。

継続を妨げる2つの壁

せどりも、長く続けていると
ベルトコンベアの作業員の感覚に近いものを抱くことになります。


継続を妨げるせどり特有の難しさは、2つあります。

1つ目が、「自分を制御」する難しさ

2つ目が、「時給の揺れ」に耐えること


順番に解説していきます。

「自分を制御」する難しさ


大雨が降りしきる日も、雪が舞い散る日も
仕入れに行かなくてはいけません。

サボっても、誰も何も言ってくれません。

怒ってくれる上司も 競い合う同僚も、
良いところを見せてカッコつけたい花のある女性社員もいません。



また、お買い物ついでに仕入れができるのが
せどりの良いところですが、逆に言うとオンとオフの切替が
非常に曖昧になります。

長くせどりをやっていると、
仕事の緊張感を保ち続けるのも一筋縄ではいきません。



鼓舞するのも、駆り立ててくれる環境に飛び込むのも
全て自分の判断でしなくてはいけません。


はじめたてのころは、「目新しさ」や「新鮮さ」で動けますが、
一回りした後は、自分を上手にマネジメントしなくては続かなくなります。

「時給の揺れ」に耐えること

せどりでは時給が激しく変動します。

あまりの変動幅に「落差」を感じることがあります。

時期による時給の揺れ


売れる時期と売れない時期があるというお話は、
以前のエントリ-で扱いました。

『Amazonで売れる時期と売れない時期を、その理由や原因と共に点数付けしてみた』


簡単に概要をかいつまむと、
月によって売れる時期と売れない時期があるという内容です。



同じように、
買える時期と買えない時期というものが存在します。


例えば、
12月の年末商戦の時期は普段の2~3倍買えます。

そのときはお金を稼げるのですが、
問題は年末フィーバーが終わってしまった後。

仕入れ量は、元に戻ります。


ということは、同じように仕入れをしていても、
時給が2分の1や3分の1になるということ。


せどりで中長期的に稼ぎ続けようと思うと、
どうしても避けられない現象です。


給料が下がってしまうわけですから、
どこかしらに「虚しさ」を感じてしまい、
続けていくのが馬鹿らしくなるかもしれません。


一度経験してしまった甘い蜜の味は、
下手をすると僕らを堕落させてしまうのです。

タイミングによる時給の揺れ


また、時期だけではなく同じ月に仕入れをしても
買えるときとそうでないときがあります。

このことを一言で言うとこういうことになります。

あなたの時給は、「運」に左右されるということ。


たった5分の仕入れで30000円の見込み利益が出ることもあれば、
何店かお店を回っても「ボウズ」で終わることもあります。



買えない状況が続ぎ、歩き疲れた脚が痛くなってくる。


そんな時に、
以前仕入れで大爆発したことが脳裏によぎります。

「前買った超高利益、超高回転商品、美味しかった。
またないかな・・・」と。


めったにない商品を求めて浮き足だってしまい、
たかだか数百円の利益のためにコツコツとサーチを続けるのが
めんどくさくなります。



商品を見つけられない逆風のときに、
めげずに仕入れを続けられる「我慢強さ」が求められます。

極端なことを言ってしまえば、
ただ働きから時給36万円の幅を上下するわけですから、
そういう「ゲーム」だと思って淡々と続けるしかありません。


せどりで稼ぎ続けるためにもっとも重要視していること まとめ

せどりで稼ぎ続けるためには、
「継続」こそが究極の真理と言っても良いでしょう。


稼ぎ続けるとは、

自分を奮い立たせることの連続

であり、

ただ働きでも時給36万円でも
ある程度のテンションを保って仕入れを続ける


ことに他なりません。



『どうしたら継続できるのか?』

については、たかだかブログやメルマガの1記事で書き切れるほど
ことは単純ではありません。



ただ一つだけ言えることがあるとすれば、
結局のところは、あなたがせどりをする理由の源泉を
大事にするしかないと思っています。


「稼ぎたい理由」「お金が欲しい理由」「せどりを続ける理由」を
頭から片時も離さずに、仕入れを続ける。

継続する一番の秘訣と言えるかもしれません。



それよりも今回の記事では、
せどりで稼ぎ続けるためには、「継続」が何より大事である。


と、言う「地味な真実」を再認識してくれたのなら、
こんなに嬉しいことはありません。



それではまた!



今回の記事が役に立ったと思ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ



野中貴智の無料メルマガ講座

矢印

コメントを残す

最新情報

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

TOP PAGEへ

サブコンテンツ

運営者: 野中 貴智



廃品回収拾いをきっかけにせどりを始める。
10年以上稼ぎ続けて、今やAmazonの評価は10000以上。
累計売上高は数億円にのぼる。
趣味は、海外旅行。
詳しいプロフィールは、こちら

ブログランキングチェックはこちら




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

アクセス解析

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページの先頭へ